セフレが多い人と、そうでない人の決定的な3つの違い

どうも、管理人の国岡です。

この世の中には、大きく分けて2種類の男性が存在します。

  • セフレが多い人
  • セフレが少ない、もしくはセフレがいない人

前者の男性は最高の性生活を楽しんでいると思いますが、後者の男性は一人コソコソと虚しくオナニーして欲求を晴らす日々ではないでしょうか。

後者の側は女性とセックスしたいと思っても、彼女がいない限りはセックス相手なんていませんから、お金を出して風俗に行くかオナニーで性欲を解消するしかないのです。

ところが前者の場合、セックスしたくなったら何人かいるセフレのうちの一人にコンタクトを取れば一件落着。

それだけでセックス前提で女性と会うことができ、余計な駆け引きもなく性行為を楽しむことができます。

なぜならセフレとはそういう間柄だからです。

それを考えただけでも、圧倒的に前者の男性に憧れるでしょうし、できることなら自分もそうなりたいと思うはずです。

そこでこの記事では、元々セフレすら作ることもできなかったのに、今では常に10人前後のセフレを抱えるまでに人生を変えたこの私が、

「セフレが多い人とそうでない人の決定的な3つの違い」

と題して、その違いをお伝えしていこうと思います。

もしあなたが「セフレを作りたいけど中々うまくいかない」というのであれば、この違いを知ることが成功への1番の近道になるはずです。

それでは早速いってみましょう。

セフレが多い人とそうでない人の決定的な3つの違い

結論から言うと、以下がその3つになります。

  • セフレにしやすい女性を見分ける選球眼
  • セックスした後の距離感の保ち方
  • セフレを作るために行動した回数

では、これらを一つずつ補足していきます。

セフレにしやすい女性を見分ける選球眼

セフレをたくさん作っている人というのは、得てして「セフレにしやすい女性」を見分けるのが上手いです。なぜなら、どんなにイケメンでお金持ちのモテ男でも、セフレにしにくい女性にアタックしているようでは成功は程遠いからです。

女性は、男性以上に「体」と「心」が密接に連動していますので、基本的には好きな相手とじゃなきゃセックスしません。

要するに、「セックスする=カップル」というのが大半の女性の考えであり、カラダだけの都合良い関係を許容してくれる女性はそんなに多くないのです。

ですから、やみくもに女性にアタックしたところで、ほとんどの場合「セフレだけの関係」を拒否されるのが実状です。

だからこそ、一般的な女性とは少しズレている「セフレにしやすい女性」を見分ける必要があります。そのような女性を見分ける事ができれば、セフレ作りは非常に簡単になるからです。

で、その肝心な見分け方ですが、これは経験を積んでいき感覚で見分けられるようになるのがベストではありますが、あえてその見分け方を示すとするならば、

  • 家庭環境があまり良くない女性
  • 一人で夜な夜なバーに繰り出す女性

こういった特徴を持つ女性は、私の経験上、かなりセフレにしやすいと思っています。

まず「家庭環境があまり良くない女性」ですが、こういう女性は”セックス依存症”になる確率が、そうでない女性に比べて著しく高いという研究結果があるそうです。

例えば、両親と仲が悪かったり、両親が離婚した経験がある女性なんかがそれに該当します。

そういう女性はセックス依存症になりやすく、結果的に「カラダだけの関係」が築きやすいです。

というのは、家庭環境が良くないということは、「十分な愛情を受けてこなかった」という事の裏返しでもあるわけで、そういう女性はセックスを通じて”愛されているという実感”を人並み以上に求める傾向にあるからです。

だからこそ、家庭環境が良くなかった女性というのは、カラダだけの関係に溺れやすくなっていきます。

また、「一人で夜な夜なバーに繰り出す女性」も私の経験上、かなりセフレにしやすいです。

ここでのポイントは”一人で”という部分で、友達と一緒にバーに繰り出す女性は該当しません。

というのも、女性が一人で飲みに行くということは、よっぽどブスでない限り男性からのナンパやアプローチは付き物であり、それは彼女らも承知しています。それにも関わらず、あえて一人で夜な夜な飲みに繰り出すのは、”お酒が好きだから”ではなく、”男にチヤホヤされたいから”と考えている可能性が非常に高いからです。

お酒が好きなだけなら、何も一人で繰り出さずとも、家で飲めば済む話。

もしくは、お酒の場の雰囲気が好きなら、友達を誘えばもっと盛り上がるのは間違いないわけで、それでもあえて一人で飲みに繰り出すのは、男からのアプローチ待ちの”確信犯”であるとも言えます。

結果、そういう女性は”チャラい”可能性が高く、最終的にセフレにしやすいのは言うまでもありません。

  • 家庭環境があまり良くない女性
  • 一人で夜な夜なバーに繰り出す女性

以上の特徴を兼ね備えた女性は圧倒的にセフレにしやすい傾向にあるので、その辺り参考にしながらセフレ探しをしてみてください。

前述したように、やみくもに女性にアタックしたところで、セフレだけの関係を拒否する女性が大半なので、ある程度アタリを付けた上で女性にアタックしていきましょう。

セックスした後の距離感の保ち方

セフレを多く抱える男性ほど、女性とセックスした後の距離感を上手に保っています。なぜなら、この距離感の保ち方が下手だと、女性が去っていくか、彼女ヅラをされてしまい、交際を持ちかけられてしまう可能性が高いからです。

女性は、一度セックスすると恋心にスイッチが入りやすい生き物です。

したがって、初めてその女性とセックスした後こそ、付かず離れずのちょうど良い距離感を意識しておかないと、あっという間に距離を縮められてしまいます。

そうなってしまっては、”都合よく”セックスだけするような関係には発展しづらいのです。

セフレというのは、あくまで「友達以上、恋人未満」の都合の良い関係を指します。実際に女性と交際をしてしまうと、それはセフレとは呼べません。

もちろん、彼女を作る気ならそれでも良いのですが、性生活を充実させるための一つの”コマ”として女性を抱えておきたいという場合、その女性が”彼女化”してしまうのは避けたいところです。彼女にしてしまうと、大抵の場合、束縛や色々な制限が発生してしまい、面倒になってしまう事が多いからです。

なので、セックスした後こそ意識して「距離を縮めすぎない」という事に徹しないといけません。

一度でも女性が”本気”になってしまうと、

「付き合う or 関係を断ち切る」

の二択を迫られる可能性が非常に高く、そうなってしまってはセフレにすることは不可能となります。

かといって、セックスした後にその女性に対して関心がなさすぎても、去られてしまう可能性もありますので、ここは難しいところですが、「付かず離れずの距離感を保つ」ということを意識して接する事がまず重要になってきます。

例えばあなたとその女性がSNSで繋がっているのだとしたら、そのタイムラインの投稿に時折「いいね」をしてあげるくらいの距離感がいいと思います。

LINEをこちらから何度も送ったり、相手からのLINEを几帳面に返しすぎてしまうと、女性はそのうち”本気”になってしまう可能性は大いにあり得ますので、やはり距離感は非常に大事です。

このあたりの感覚は、経験がモノを言いますので最初は難しいと感じるかもしれませんが、場数を踏んでいくうちに上手になっていきます。

ただ、経験を十分に積むまでは、「セックスした後は付かず離れずの距離感を保つ」ということを常に意識した上で女性と接してみてください。

それだけでも、セフレ関係をグッと築きやすくなるはずです。

セフレを作るために行動した回数

実を言うと、これが最も大事なことだったりします。

セフレを何人も抱えて最高の性生活を送る男性と、一人虚しくオナニーに明け暮れる男性の違いは、

「行動した回数」

の占める割合が最も大きいのです。

なぜなら、どんなにイケメンで口説くのが上手でも、行動しないブサメンには勝てないものだからです。

女性は男性と比べると、異性の容姿にそこまでこだわりません。女性は外見よりも内面の良し悪しで男性を判断する生き物だからです。

もちろん、イケメンであることに越したことはありませんが、たとえブサメンでもしっかりと行動し、女性にアプローチを重ねた方が良い結果が得られるのが面白いところなのです。

なので、とにかくたくさんの女性にアプローチし、口説き倒したモン勝ちなのは間違いありません。

営業職の世界には「千三つ(せんみつ)」という言葉があって、これは”1000件回って3件”でも獲得できれば良い方だという意味なのですが、セフレ作りもまさしくこれと同じです。

数をこなさなければ当たりませんし、逆に、数さえこなしていれば当たるものなのです。

行動することにビビって、一生オナニーで満足して過ごすのか、多少の恥を捨てでも行動し、たくさんのセフレに恵まれた最高のセックスライフを満喫するのか。

どちらを選ぶのも自由ですが、私なら絶対に後者を選びます。

なぜなら、一度きりの人生、女とヤりまくりたいですし、そもそも行動を重ねていけばそれが”苦”ではなくなっていくからです。

最初こそ、女性へアプローチして口説くという行動は苦に感じるかもしれませんが、どんな物事にも”慣れ”や”上達”という要素があるように、次第にそれは苦ではなくなっていくものなのです。

とはいえ、身近な女性を口説いたり、いきなり街に繰り出して見知らぬ女性にアプローチするのに抵抗があるのも分かります。

身近な女性を口説くのに失敗した場合、その後の関係が面倒になりますし、街で出会った初対面の女性にいきなりアプローチするのは勇気と覚悟が必要だからです。

なので、そういう場合、私ならマッチングサイトを利用してガンガン女性にアプローチしちゃいます。

マッチングサイトなら、口説くのに失敗しても既存の人間関係にダメージは及びませんし、ネットを通じてやり取りするので、初対面の女性にも堂々とアプローチする事ができるからです。

ただ、利用するマッチングサイトによっては、”カタイ女性”が多かったりするので、できるだけセフレ作りに向いているサイトを利用するのがおすすめです。

そういう意味では、セフレ作りにマッチングサイトを利用するならPCMAXの一択になってくるかなと思います。私がこれまで利用してきたあらゆるマッチングサイトの中で、このPCMAXが最もチャラい女が多く存在しているからです。要するに、PCMAXにはヤリマンが最も多いということです。

PCMAXであれば全国どこにいても女性を探す事ができますし、女性に求める条件を非常に細かく指定する事ができます。

たとえば、この記事の前半でお話しした”セフレにしやすい女性の特徴”として、「一人で夜な夜なバーに繰り出す女性」というものを挙げましたが、PCMAXなら条件指定を行なう事で、こういう女性も簡単に見つけていく事ができるのです。

具体的にはPCMAXにログインして、キーワード検索機能で「お酒」というワードを利用し、プロフィールを検索します。

すると、プロフィールに「お酒」というキーワードを含んでいる女性がヒットするわけですが、そもそもプロフにまでお酒と入力して自分をPRするということは、かなりお酒が好きか、お酒を飲みに行く機会が多い女性だということが分かります。

なので、あとはそういう女性を中心にアプローチし、メッセージのやり取りの中で、

『一人でもお酒飲みに行ったりするんですか?』

などと聞いてあげれば、その女性が”セフレにしやすい特徴”に合致しているからかどうかが、すぐに判明するわけです。

やみくもに女性にアプローチしてデートの約束をするよりも、セフレにしやすい特徴に合致している女性にだけアプローチした方が、その成功率が上がるのは言うまでもありませんよね。

ただでさえ”ヤリマン”の多いPCMAXですから、このような利用方法と併用することで、セフレを作れる可能性は非常に高くなります。

ちなみに私が今、同時進行しているセフレは10人ほどいますが、その大半がPCMAXを利用して見つけました。

「お酒」というキーワードで女性を検索し、”一人で飲みに行く女性”を絞り込み、あとはデートの約束をして一緒に遊んだ結果がこれです。

もちろん、デートしてもセックスに持ち込めなかったり、セックスできても”セフレ化”することに失敗したケースも普通にありますが、それでもかなりの確率で「都合よく会えるセフレ」を作ることに成功しています。

宜しければ参考にされてみてください。

PCMAXは以下から登録できますので、少しでも興味があるのならこの機会に無料登録だけでもしておきましょう。

登録自体は1分程度で終わるのと、上記リンクを経由すれば無料ポイントが付きますので、そのポイントで一人くらいは抱けるはずです。

あとは、そこからいかにセフレの関係へと繋げていくかですが、これは場数を踏むほど確実性が増していきますので、『最悪、ワンナイトラブだけでも良しとする』というつもりで遊ぶだけでも楽しいと思いますよ。

というわけで、今回の記事は以上となります。

それではまた。


【PR】このセフレの作り方がヤバイ!!

セフレ100人作った男、T氏に突撃インタビューを決行。なぜこんなブサメンのチビデブが100人以上ものセフレを悠々と作ることができるのか?その秘密をノウハウを以下のページで限定公開中。

↓↓↓↓

>驚きのセフレの作り方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です