緊急特集!なぜ、その男はセフレを100人も作れたのか?その秘密とノウハウを限定特集中。

 

「もう風俗に行くことは無いですね。だってセフレくらい、いつでも簡単に作れるんですから(笑)」

 

 現在進行形で20人以上のセフレを同時に抱える、ある男の言葉だ。

 その男がこれまでに作ってきたセフレの人数の合計は余裕で100人を超えているらしい。だが、ここで重要なのは「セフレ100人=経験人数100人」では”ない”ということだ。

 巷では『100人斬り達成!』などと騒ぎ立て、経験人数100人超えをアピールする者もいるが、セフレ100人というのは、そのはるか上をいくレベルなのである。そもそもセフレというのは、都合の良い時にヤラせてくれる相手を指しているからだ。

 つまり、一回ヤッただけの女性はセフレと呼ぶことはできない。一回こっきりではなく、その後も都合よくセックスさせてくれる相手こそが本当のセフレなのだ。

 そう考えると、そんな間柄の女性を100人以上も作ってきた”その男”の実績は凄まじい。「セフレ100人」と「経験人数100人」では雲泥の差があるからだ。

 ハッキリ言って、そんじょそこらのモテ男のレベルでは、セフレ100人作るなど夢のまた夢の話だ。女性というのは、基本的にはカラダだけの関係を嫌うものだからだ。

 女性は「心」と「カラダ」が密接に関係している生き物。そのため、好きになった男にだけカラダを許したいと思うのが普通なのだ。自分に対する愛情や真剣さが感じられない男相手に、カラダだけを差し出そうとする女性は一般的にかなりレアな部類なのである。

 その証拠に、男性用の風俗は腐るほど存在するのに、女性用風俗は全国どこを探してもほぼ皆無という状況だ。

 つまり、我々がどんなに頑張っても、本来であれば一晩限りのワンナイトラブに持ち込むことさえかなり難しいのが現実だと言えよう。女性が欲しいのはワンナイトのラブではなく、フォーエバーなラブだからだ。

 こう書くと、ただでさえ一晩限りの関係を築くのが難しいのに、セフレを作るとなると、それはもう絶望的に思えるかもしれなせい。

 だが驚くなかれ、実は出会い系サイトで女性と出会い、セフレを作りまくっている30代前半の男性(以下、T氏)がいる。

 彼のノウハウを聞き出すことに成功した筆者は、急遽特集を組むことにした。

 

なぜT氏は、こうも簡単にセフレを作ることができるのか。本特集を最後まで読めば、そのカラクリが全て明らかになる。

お笑いの「ドランクドラゴン塚地」似で低身長の男がなぜ

※画像はT氏、自宅にて撮影。

「もしかして、『こんな奴がセフレを作りまくってるの?』とか思ってません?(笑)」

 取材をしようとした矢先、T氏からこんなことを言われた。失礼ながら、図星だった。筆者の動揺を見抜かれたのだろうか。

T氏「別にいいですよ、そう思われて当然ですから。私は顔も良くないですし、身長も小さいですから(笑)」

 T氏は30代前半のサラリーマン。

 彼の言う通り、顔はお笑いグループのドランクドラゴン「塚地」似で、身長も160cm以下。とてもじゃないが、セフレを作りまくっている男性には見えない。多少の疑いを持ちながらも、筆者はインタビューを決行した。

筆者「早速ですが、Tさんが出会い系サイトでセフレを作りまくっている話は本当なんですか?」
T氏「本当ですよ。今は同時に20人くらいのセフレがいて、その日の気分に合わせて女性をチョイスしてセックスしてます」
筆者「マジですか!?」

 しかも、”事”を済ませる場所は、もっぱら彼女たちの自宅だそうだ。

 ラブホテルを利用することもあるみたいだが、女性の自宅を利用すればホテル代も浮くというメリットがあることから、自宅でヤることが多いらしい。

T氏「証拠を見せましょうか」

 そう言うと、T氏はスマートフォンを取り出し、画像フォルダを見せてくれた。そこには、セフレと思われる女性の写真がズラリ。

筆者「凄いですね…この女性たちがセフレなんですか?」
T氏「そうですよ(笑)」

 ここでT氏に、この特集を組むにあたり写真の中から数人の女性を掲載させて欲しい旨を伝える。

 しかし、残念ながら、彼の口からいい返事は貰えなかった。

T氏「…まぁでも、この写真なら大丈夫かも。あんまり顔見えてないし。」

 希望の光が見えた。彼は1人の女性の掲載を許可してくれた。

筆者「この女性はどういう方なんですか?」
T氏「元レースクイーンで、3ヶ月前までセフレでした。歳は25、とにかくエロかったですよ(笑)」

 聞けばT氏、やはり彼女とも出会い系サイトで出会い、その後はSkype、LINEの順に誘導して仲良くなったのだとか。

T氏「そうそう、こんな事がありましたよ」

 

 Skypeでやり取りし始めてから2週間後、いつものように通話に応じたT氏。お互いにエロトークで盛り上がるうち、彼女のほうから「オナニー見せ合おうよ」と持ちかけてきた。少し驚いたものの、T氏は喜んで承諾した。

 Skypeのビデオ通話による相互オナニー鑑賞行為は、一部の間では「オナイプ」と呼ばれているらしい。

 Webカメラを接続したPC画面には、彼女の無修正のアソコがドアップで映し出された。当然T氏は大興奮。お互いのオナニーを見せ合い、そして果てた。

 そんな珍事を挟みつつもトントン拍子で仲良くなり、実際に会ってデートを重ねるうち、セフレ関係になったと言う。

 

T氏「まぁ結局、ちょっとした喧嘩が原因で終わっちゃいましたけどね」

 そう言うT氏だが、「また出会い系サイトで探せばいいんで、全然問題ないですけどね(笑)」と不適に笑う。

>>>T氏イチ押しの【優良出会い系サイト】を見る

2018年の出会い系サイト事情

 さて、ここで出会い系サイトについて軽く解説しておこう。出会い系サイトには「サクラが多い」、「詐欺に遭いそう」などの悪印象が付き物。

 だがそれは、悪徳出会い系業者が作り出した負のイメージにすぎない。優良なサイトなら確実に会える。これは紛れも無い事実だ。

 結論から言おう。無料出会い系サイトはサクラだらけで100%会えない。その全てが詐欺サイトだと言って差し支えない。出会い系ナビサイト(ブログ)は腐るほどあるが、筆者からすれば、無料出会い系サイトを紹介しているメディアなど信用に値しない。

 一方、確実に女性と会えるのはポイント制の有料出会い系サイトだけだ。出会い系サイトはとにかく『会えない』というイメージが強いが、本特集で紹介しているのは“会えるサイト”のみだから安心して欲しい。

 2018年現在、“会えるサイト”はポイント制出会い系サイトにしか存在しない。悪徳サイトに登録することの無いよう、出会い系サイト選びの参考にして欲しい。

女性たちは、誰にも知られず快楽を求める場所が欲しかった・・・

 いよいよ本題に入っていく。

T氏「最近、出会い系サイトに、ヤリたがりなエロい女性が目立つようになったと思いません?」

 筆者はほとんどの優良出会い系サイトを使っているが、サイト内のプロフィールや日記を眺めていると、確かにヤリたがってそうな女性は見かける。だが、その数はさほど多くなく、特に気に留めてはいなかった。

筆者「まぁ確かに見かけますが、そこまで目立つという印象は受けなかったですね」
T氏「ところがですよ。ここ最近、急激に出会い系サイトにヤリたがりな女性が増え始めているんです」

 T氏が出会い系の女性をセフレにする手法を確立したのは1年前。

 当時、出会い系サイトで女性を物色していたところ、エロそうな女性の多さに驚きを隠せなかったという。主婦・学生・OL・ギャルなど、その種類は多岐に渡る。

 そこで筆者は、今一度、普段使っているサイト内を目を凝らして確認してみた。すると、T氏の言っていることは本当であることが分かった。

筆者「確かに多いですね…。どうしてこんなにセックス目的の女性が増えたんでしょうか?」
T氏「そりゃあもちろん、スマホが普及してきたからでしょうね。女性だってセックスしたい時もありますし、そんな時はスマホで相手を見つけられちゃいますから。」

 確かに女性にも性欲というものは存在する。

 だが、ヤりたいからといって男友達や身近な男性にセックスの誘いをかけてしまうと、影でヤリマン呼ばわりされる可能性も否定できない。かといって、mixi・GREE・モバゲーなどの“普通のSNS”でセックスの相手を探そうにも、18禁の投稿は削除されてしまうため、目的を果たすことができない。

 だからこそ、セックスしたい女性は“アダルトSNS”として出会い系サイトを使っているというのがT氏の見解だ。

 ガラケーが流行っていた時代は、携帯の画面も小さく、出会い系サイト自体も使いづらい仕様だったため、セックスの相手を探す以前に「利用しづらい」という壁があった。

 だが、今はスマホ全盛期。大きな画面と、分かりやすいサイト構成が相まって、スマホをピコピコ操作するだけで、簡単にセックスの相手を見つけることができるようになっているのだ。

 そういったチャンスを人より早く見つけたT氏は、こうして夜な夜な出会い系サイトの女性をセフレにしまくっているのだった。

T氏がセフレを作りまくっている【優良出会い系サイト】とは?

 現在T氏がセフレを量産しているサイト、それが【優良出会い系サイト】だ。彼が『優良』と認定している条件は、以下の通り。

  • 第1条.サクラが存在しない
  • 第2条.女性会員数が多い
  • 第3条.迷惑メールが一切来ない
  • 第4条.クチコミやネット上の評判が良い
  • 第5条.24時間365日のサポート体制を完備している
  • 第6条.実際にT氏が出会えている
  • 第7条.エロくて軽い女性が多い

 この後に紹介するT氏イチオシの出会い系サイトは、上記の条件を全て完璧に満たしている。

 あなたが本特集を読んでくれたことを、とても嬉しく思っている。なぜなら、セフレ作りを楽しむ人が、また1人増えるのだから。

 それでは、T氏が愛用中の優良出会い系サイトを以下に公開しようと思う。ぜひ参考にしてみて欲しい。

T氏が実際に利用している優良出会い系サイト

サイト名→PCMAX(ピーシーマックス)

 

↓↓↓↓
>PCMAX 公式サイトはこちら(18禁)

 

『PCMAX』の基本データ

 オススメ度料金システム無料ポイントの有無 料金詳細
 ★★★★★ 登録料無料、ポイント制度有り(当サイトより登録で最大100P付与) 前払い制、女性にメールで5P消費
 セキュリティーサポート体制運営歴 会員数
 24時間監視システム、厳格な年齢確認、サクラなし、アドレス収集業者なし、キャッシュバッカーなし 24時間365日の有人サポート2002年開設 1000万人以上

『PCMAX』の評価

 2016年現在で600万人という会員数は、優良出会い系サイト中No.1。

 『PCMAX』を実際に利用してみると、多くの出会いの場や盛りだくさんのコンテンツによって、女性との接点が尽きる事は無かった。

 その中でも面白いのが「裏プロフィール」機能。運営側が用意したエッチな質問に女性会員が回答し、その内容を閲覧できるというもの。裏プロフィールを書いている女性は、高確率でセフレにすることが出来る。

 また、会員女性の若さ・レベルはNo.1!18歳~25歳の若くて可愛い女性が多く、年下好きの男性にはピッタリ!他の優良出会い系サイトに比べて、女性の比率が高いのも魅力的。

 最大1,000円分もお試しポイントが貰えるので、そのポイント内、つまり無料で出会うことも十分に可能なサイトだ。

T氏流!『PCMAX』の攻略法

「私がメインで使っているのは『PCMAX』ですね」

T氏いわく、このサイトの最大の特徴は「裏プロフィール」と「マイル」にあるそうだ。

 裏プロフィールは言わば「アダルトプロフィール」。女性が事前に用意されているエロ系の質問に答えていき、男性はそれを閲覧することが出来る。前述したが、これを書いている女性はセフレにしやすい。

 マイルはサイトの利用に応じて貯まり、ポイントや景品に交換できるという還元サービスだ。これを上手く使えば、経済的な出会いを楽しむことができる。

T氏「裏プロフィールとマイルは、どっちも女性を悦(よろこ)ばせるために使います」

 裏プロフィールを見れば女性の性的嗜好が分かるため、相手がどのようなセックス・プレイを望んでいるのかを事前に知ることが出来る。そのため、いざベッド上の勝負では非常に役立つ。

 マイルはポイントに交換するのではなく、「景品交換所」でアダルトグッズを仕入れ、セックスのマンネリ化を防ぐために使う。そのいずれも、女性とのセフレ関係を確固たるものにするためだ。

 PCMAXは有料ポイント制サイトだが、登録時に1,000円分(100PT)のお試しポイントが貰える。さらにT氏の場合は、無料で使える「日記」をメインとした攻略術を展開するため、ほとんど金を使うことは無い。実際にT氏は、お試しポイント内で3人の女性とセックスすることに成功している。

1,000円でこんなに遊べる!

  • プロフィールを見る = 100回
  • 掲示板の投稿を見る = 100回
  • 掲示板に書き込む = 20回(1日1回無料)
  • メールを送信する = 20回

お試しポイント(100PT)内なら完全無料で利用可能。

さあ、今すぐあなたも出会い系を利用してT氏のようにセフレを作りまくろう!

↓↓↓
PCMAXに無料登録してセフレをゲットする(18禁)

確実にセフレを作る3つのノウハウ

 最後に、T氏がセフレを量産しているノウハウを公開しよう。必要に応じて確認してほしい。不要であれば読み飛ばしていただいても構わない。

1.“対セフレ用プロフィール”を作る ▼

※上記はPCMAXのプロフィール

 出会い系サイトでセフレを作るなら、プロフィールページを作っておく必要がある。なぜなら女性は、会ったことのない男を判断する際、このページを見るしかないからだ。このページがいわば”顔”となるため、できるだけしっかりと作りこんでおきたい。

 以下にその際のポイントを記述しておく。

【プロフィール写真】

 あなたがイケメンならば、自分の写真をそのまま掲載した方がいい。その方が明らかに有利だからだ。

 もしイケメンじゃないなら、アプリを使って顔を修正しまくるか、それができなければペットの写真を用いると良い。ペットの写真を載せることで、相手の警戒を解くことができるからだ。

 ペットを飼っていなくても、ネット上からペット画像を拾ってくれば問題ない。

【職業】

 ここは嘘でもいいから「IT関係」か「広告関係」と書こう。なぜならT氏いわく、このどちらかに設定している時が、最もセフレを作りやすかった経験があるからだそうだ。やはり女性たる者、男の職業もしっかりとチェックしているようである。

 職業なんていくらでもごまかせるものだから、ここは「IT関係」か「広告関係」と書くようにして欲しい。

【年収】

 年収は高い方が理想的なのは間違い無いが、あまりにも年収を詐称してしまうと、バレるリスクが出てくる。

 それを加味すると、「800万~1000万」という年収の設定が最も無難である。この金額なら十分に現実的だし、女性からしたら魅力にも映る金額だ。たとえ、あなたがそんなに稼いでいなくても、ここは「800万~1000万」と設定しておこう。

 無論、あなたがそれ以上の年収を稼いでいるのであれば、そのまま正直にその年収を書こう。

【自己紹介文】

 T氏によると、ここが一番大事なポイントとのこと。出会い系に登録する女性が最もチェックしているのが、この自己紹介文の部分だからだ。

 以下は、T氏が実際に自分で設定している自己紹介文である。

 おっす、オラ悟空! ・・・あ、間違えた。。ドラゴンボールの悟空のような体を目指して筋トレに励んでいる◯◯(名前)です。都内でIT関係の仕事をしています。見た目は…まあ普通です。でも、優しさは誰にも負けない自信がありますよ(笑)。それと、女性と遊ぶのが自分なりの気分転換です。それがどんな遊びなのかは・・・ご想像にお任せします(笑)。こんな感じですが、気が合いそうならぜひメッセージください♪

 ただの普通の自己紹介文に見えるかもしれないが、実は緻密(ちみつ)な計算を元に書かれた紹介文なのだ。

 まず「おっす、オラ悟空!」というユーモアを交えた名乗り方で、フランクな印象を与えている。自己紹介が硬いと、絡みづらい男性だと思われてしまうので、ユーモアを交えながら絡みやすさを演出している。

 次に、筋トレをしていると記載し、健康的で男らしい男性をアピール。そういう男性に女性は色気を感じるものだからだ。でもあなたが実際にマッチョじゃなくても問題ない。あくまでこちらは「筋トレに励んでいる」というアピールをしているのであって、「マッチョです」というアピールはしていないからだ。それでも、こういう自己紹介を見た女性は「いいカラダしてそう」と本能的に判断する傾向にあるため、第一印象は非常に良いものになる。

 そして最後は、「それと、女性と遊ぶのが自分なりの気分転換です。」と記載し、大人の関係も視野に入れていることを”控えめ”にアピール。ここでの”ミソ”は、大人の関係(カラダだけの関係)を大っぴらではなく、控えめにアピールしていることだ。なぜなら、大人の関係を大っぴらにアピールしてしまうと下品な男性と思われてしまう可能性が高いからだ。

 それに何より「それがどんな遊びなのかは・・・ご想像にお任せします(笑)。」と書くことで、ミステリアスな男性を印象付けることもできる。あなたもご存知かもしれないが、女性は謎の多い男に惹かれるもの。だからこそ、大人の関係を希望していることを、大っぴらではなく暗に示していくことが重要なのだ。

 なお、T氏から特別に許可をもらい、このページの読者の方であれば今回のこの自己紹介文をそのまま利用しても良いということになった。PCMAXに登録したら、この自己紹介文を遠慮なく利用して欲しい。

T氏からのアドバイス→セフレを作りたいなら「待ち」よりも「攻め」

 あなたがセフレを作りまくりたいなら、「待ち」ではなく「攻め」に徹することが何よりも大切だ。
 女性は積極的な男性が好きだし、何より流されやすい生き物だからだ。
 積極的なアピールこそが女性を突き動かすということを覚えておこう。

↓↓↓
>無料でPCMAXに登録する(18禁)

2.セフレ候補の女性を探す ▼

※上記はPCMAXのとある女性の実際のプロフィール画面

  T氏によると、出会い系サイトで確実にセフレを作るには2つの手順を踏む必要があるという。それが以下だ。

  1. プロフィール検索をして、裏プロフと日記を書いている女性をピックアップ
  2. その女性の自己紹介文が不自然でないかをチェック

 では、これらを順番に補足していく。

手順1、プロフィール検索をして、裏プロフと日記を書いている女性をピックアップ

 サイトに登録している無数の女性の中から、求める相手を効率よく探すことができるのが「プロフィール検索」の機能だ。この機能は非常に便利なので、是非とも活用していただきたい。

 とは言っても、その使い方は非常に簡単である。やることと言えば、検索対象の「裏プロフィールあり」と「日記あり」にチェックを入れ、検索ボタンを押すだけだ。

 

 これによって「裏プロフ」と「日記」を設定している女性が検索結果にヒットするわけだが、前述したように「裏プロフ」を設定している女性は高確率でセフレにできるため、それを狙った検索方法ということになる。

 また、「日記」を投稿している女性もセフレにしやすい。わざわざ日記を投稿するということは、アクティブな性格である可能性が高く、そういう女性は”性”の方もアクティブな傾向にあるからだ。

 この検索方法によってヒットした女性は、かなりの確率でセフレにできるのだが、さらにその精度を高めるために、以下の手順2で解説する方法を試してもらいたい。

手順2、その女性の自己紹介文が不自然でないかをチェック

 手順1で「裏プロフ」と「日記」を設定している女性をピックアップしたら、その女性の自己紹介文にも目を通すようにしよう。

 この部分が、あまりにも不自然な文だったら、その女性は避けたほうがいい。なぜなら、そいつは「割り切り女性」である可能性が高いからだ。割り切り女性とは、主に出会い系サイトで男を募集してセックスし、対価として金銭を得るだけの人種を指す。つまり、お金目的でセックスする女のことだ。

 出会い系サイトの強みは、タダでヤらせてくれるセフレを作れることなのに、そこでお金を払ってセックスしてしまっては本末転倒である。

 たとえば、以下のようなあからさまなエロい自己紹介文を書く女性には注意すべきだ。

 

 ただセックスをしたいだけの女性が、ここまでわざわざ文章を考え込んで設定するというのは考えづらい。なぜなら、セックスをしようと思えば簡単に相手をゲットできるのが女性だからだ。それにも関わらず、こんな自己紹介文を掲げてまでアピールするのは、その女が「お金」を目的にセックス相手を探しているからに他ならない。

 確かに、このような自己紹介文を設定したほうが男が食いつきやすくなるのは間違いないため、「割り切り女」はそれを狙って自己紹介文を作り込むというわけだ。

 しかし、この事実を知ったあなたは、そいつらの策にまんまとハマってはいけない。自己紹介文が不自然な女性は避けるようにしよう。

 例えば以下のような自己紹介文であれば自然だし、こういう女性なら割り切り目的である可能性は極めて低いため、安心してアプローチできそうだ。

 

 なお、自己紹介文の不自然さを理由に避けた女性が、仮に割り切り女じゃなかったとしても、セフレ候補なんてサイトに腐るほど存在しているのだから、気にする必要はない。気になる女性にひたすらアプローチしていけば、すぐに理想のセフレを見つけることができるはずだ。

↓↓↓
>無料でPCMAXに登録する(18禁)

3.セフレ関係への持ち込み方 ▼

 最後の仕上げだ。以下の手順を踏み、セフレをゲットしよう。

  1. 女性の日記をチェックし、コメントを書く
  2. 直接の連絡先を聞き出す
  3. 余計な駆け引きはせず、単刀直入に要件を切り出す

 1、女性の日記をチェックし、コメントを書く

 まずは狙う女性の日記をチェックし、更新される度にコメントを書いていこう。これを最低でも2週間、じっくりいくなら3週間行う。日記へのコメントは完全無料のため、ポイントを消費する心配は無い。

 メッセージを送る場合はポイントが発生するが、コメントを書くだけならば無料のため、これを利用して女性との距離を縮めていこうという狙いだ。ゆくゆくは、その女性から直接の連絡先を聞き出すのが一つの着地点になってくるわけだが、あらかじめ日記のコメントを通じて距離を縮めておくことで、その成功率は大きく上昇する。

 いきなり連絡先を聞こうとしても、警戒して教えてくれない女性も多いため、それが続くとポイントが無駄になるだけである。したがって、まずは日記をチェックし、コメントを書くことからスタートしてみよう。

 2、直接の連絡先を聞き出す

 日記のコメントを通じてある程度、仲が良くなったら、LINEもしくはメールアドレスを聞き出そう。なぜなら、連絡先をゲットできれば以降は一切ポイント不要でやり取りできるからだ。

 日記でのやり取りだけでは、会うための約束を取り交わすことができない。そのため、直接のやり取りを目指す必要があるのだが、連絡先を聞き出すことができれば、ポイント代など一切不要でやり取りができるのだ。

 とはいえ、この段階までくれば連絡先を聞き出すことは難しくない。日記のコメントを通じて、ある程度は距離を縮めることができているはずだからだ。しかも、出会い系サイトに登録している女性は、当然だが男性と出会うために登録しているため、そのきっかけとなる連絡先交換を拒む理由はないのである。

 連絡先の交換に成功したら、いよいよ”詰め”の段階に移っていく。

 3、余計な駆け引きはせず、単刀直入に要件を切り出す

 連絡先を交換し、簡単な挨拶が終わった後は、間髪入れずに要件を切り出そう。具体的には、以下のようなメッセージを送るようにしよう。

『定期的に会える、大人の関係を希望しています。良かったら、お互いの体の相性を確かめる意味でも一度会ってみませんか?』

 ここで変な駆け引きは一切不要だ。なぜなら、駆け引きをしなければ会えない時点で、その女性はセフレにするのは難しいと言えるからだ。

 セフレになってくれるような、性に関して寛容な女性は、駆け引きなどしなくても『会いませんか?』の一言で簡単に会うことができる。したがって、それを早い段階で見極めるためにも、最初から単調直入に要件を切り出すべきなのだ。

 万が一、それで連絡が返ってこなくても、また別の女性にトライすれば良いだけの話である。まあ、そもそもの話で、この前段階として「裏プロフィール」と「日記」を設定している、セフレにできる確率の高い女性に絞り込んでアタックしているため、単刀直入に要件を切り出したとしても、高確率で食いついてくるはずだ。

 以上の手順をしっかりと行えば、セフレを作ることは難しくない。ぜひこのT氏のノウハウをあなたにも試してみて欲しい。

 T氏からのアドバイス→セフレ作りにルックスの良さは必要ない

 イケメンじゃないとセフレを作れないと思ったら、大きな間違いだ。
 女性は男性とは違い、セックスパートナーにルックスを求めない傾向にあるからだ。
 ルックスよりも積極性の方が何倍も大事であることを心に留め、ブサメンこそガンガン行動してみてほしい。
 ここまで説明したノウハウをもとに出会い系を利用すれば、ブサメンでも簡単にセフレを作れるはずだ。

 いかがだっただろうか。

 本特集は久しぶりに力を入れて執筆した。いや、T氏のノウハウには具体性と再現性があり、読者のために「書かされた」と言って良いかもしれない。

 現在、彼は20人以上のセフレを同時に抱え、羨ましいほど女性に困らない生活を送っている。本特集を読んだあなたには、ぜひ彼を超えて欲しいものだ(笑)

 最後に、T氏に出会い系でセフレを作る魅力を聞いてみた。

「まず、好きな女性を選べるってことですね。出会い系では女性のプロフ写真を確認できますから、好みの女性だけを選べばいいんです。それと、自分の悪評がバラまかれないのも魅力ですね。だって、身近な女性と好き勝手遊びまくっていれば、いつか必ず面倒な事態に巻き込まれるじゃないですか(笑)。女の嫉妬って怖いですから、いつ刺されるかも分からない生活はゴメンですよ(笑)。風俗なんてもう絶対に行きません。お金を払ってセックスするなんて愚の骨頂だと思いますから。私の地元にある人気ソープ店なんて、ピーク時には店の外まで並んでますけど、自分にはそれが理解できないです。『お前ら、そんなに並ばなくてもセフレを作っちゃえばいいだけだぞ』って言ってやりたいです(笑)まぁでも、それは出来ません。私はこのページの読者だけにセフレの作り方を公開するって決めましたからね」

 T氏の男気を無駄にしないためにも、今日から早速セフレ作りに励んで欲しい。あなたの健闘を祈る。

↓↓↓
>PCMAXに無料登録してセフレを探す(18禁)

 

著者情報
佐藤和成
アダルトメディアライター

2008年より、ライター業を始める。2011年からはアダルトメディアを専門とし、ライター活動を行なう。年間200を超える取材をこなし、様々なアダルト事情に精通。その取材は時には危険を伴い、いわゆる”裏風俗”への潜入取材では、とある理由で2日間監禁・拘束されたこともある。その経験や豊富な知識を生かし、現在では某大手アダルトメディアに記事を寄稿している。

 

運営情報